ELEVEN VILLAGE

人と人のつながりを大切にしながら、大きなあったかい家族で自給自足しながら作る世界

- Welcome to ELEVEN VILLAGE -
イレブンビレッジへようこそ
公式HP https://www.elevenvillage.org/

ELEVEN VILLAGEの活動
1.ゲストハウス ev 吹屋
2.EV FAMILY
3.ev通信
4.オンライン相談会

▫︎著書
移住して3年
経験ない・人脈ない・お金ない
ゲストハウスへの道
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NQ55ZYW/

[ADVENTURE JOURNERY]
第2話:都会暮らしもいいけど、田舎暮らし最高だぜ!


自分は、福井県坂井市という田舎で産まれて、
19歳まで田舎で育ち、
都会に憧れ、大学で大阪へ行ったんだ。
はじめて大阪へ行った時、感動した!

都会の街は、
何もかも大きくて、大きなお店が沢山あることにも感動したけど、
やっぱり1番感動したのは、人だった!
こんなにオモシロくて、あったかい人たちがいるんだと感動した!
世の中には、こんなオモシロい人種の人がいるんだと思った!笑
めっちゃ楽しかった!!!!


そして、
その感動のまま、
大学卒業し、社会人になってから、少しずつ見方が変わった。

大学卒業してから、
今までに25個くらいの仕事をしてて、
職種は、自分でもびっくりだけど、本当に様々。
自分の気持ちがむくままに、興味がある仕事をやっていた。


1つ1つあげていくと、
バーテンダー、法律の学校、コールセンター(督促の仕事)、コールセンター(営業)、有名ホテルのラウンジ、広告代理店、カフェ、お弁当屋さん、パソコン修理工場、コンビニ、有名ホテルの鉄板焼き屋さん、パチンコ屋さん、コールセンター、有名証券会社、リクルート、洗濯機の修理受付、市場調査の仕事、大手ベビーカー会社、保育園での仕事、洗濯機のリコール対応、家電量販店でのネット受付、夜間対応の窓口、wowow、携帯販売スタッフ。

まぁよくこれだけ仕事をして、
働いた場所も、大阪・東京・福井と様々。
自分でもよくもこれだけ仕事ができたなと思う(笑)

今となっては、この経験は、本当に良かったと思っているけど、
みんながみんなこんなに経験する必要はないと思うから、
この経験から学んだことを、伝えていくよ。その方がショートカットになって良いでしょ。
でも、いろんな経験したい方は、ぜひいろんなことチャレンジしてみて。


これだけ仕事をしていく中で、
今思うと、自分探しをしていたのかなと思う。
自分探しについては、また長くなるので、改めて書くよ。


これだけ経験を積む中で、気が付いたことが2つあった。
つまり、どの職場へ行っても、どこの地域へいっても、ほぼほぼ同じだった。
中には、例外で、当てはまらない会社もあって。
とっても楽しいところもあった^^


1つ目は、どこへいっても、人と人との繋がりが希薄だった。
仕事は、とても楽しかったし、仕事仲間とも仲が良くて、楽しかった。みんなで力を合わせて危機を乗り切ったり、ご飯食べたり、カフェ行ったり、飲みにいったり、一緒にサッカーしたり、、、本当に楽しかった。

だけど、
それ以外では、人と人との繋がりは希薄だなと思った。
ご近所付き合いがなかったり、
困っている人がいても、多くの人は見て見ぬ振りだし、
(もちろん、私もそんな時もあった。)
都合が良い時だけ寄ってきて、用がなくなったら、連絡が来なくなったり、、、
ちょっと寂しいなと思ったんだよね。


2つ目は、大人が楽しくなさそうだと思った。
これは、特に通勤の電車の中で思った。
多くの人が死んだような顔をしてて、楽しくなさそうだと思った。
(今思うと、家族のために、精一杯頑張っているお父さん、お母さん、すごいなって心から思う。)
もちろん、そんな人だけではなく、仕事楽しい!人生楽しんでます!!!って人は、
たまにいたのだけど、
そんな人はマイノリティだった。自分の周りには、少なかった。


そんな訳で、
人と人との繋がりがあったかくて、
みんなが楽しく過ごせるには、
どうしたらいいんだろう????
ずっーと考えてみた。


ぐるぐるぐるぐるぐるぐる。
ずっーと考えてみた。



すると、
「村」だ!
と、ヒラメたんだ!



どんな村かと言うと,,,
まるでみんなが家族みたいに信頼関係を築いていて、
助け合って、支え合って生きていて、
毎日みんなが好きなことをしていて、
そして、
自分の食べるものは自給自足していて、
大自然と共に生きていて、、、etc
詳しくは、動画に思いを込めてるから、良かったら見てみて。



そんな村を作ろう!と思って、
友人・知人みんなに村を作りたい!って言うのだけど、
そのときの自分は、
仕事を転々として続けなかったり、
やるって言ったことをやらない口だけ君だったので、
信じてもらえず、
それに、「村を作る」ってこと自体が突拍子もないことだったので、
さらに、意味不明!って感じだった。
意味不明でも、ずっと寄り添ってくれた友達には、感謝。



それでも、
諦めずに語っていると、
あるとき、
ある女性と出会った。


その女性に夢を語ると、
私の夢を褒めてくれて、
そんなに素晴らしい夢があるんだったら、
絵に書いてみたら?ってアドバイスをくれた!
そして、
ササササーっと15分くらいで理想の村の絵を書くことができた!
絵を描いて、それに色を塗った。


これが、この絵。今でも大事にしてる。
ELEVEN VILLAGE 地図


その女性は、出会ってから、半年後に付き合い、1年後に結婚した!
このことについても、伝えたいことが山ほどあるから、また改めて書くよ!


そして、
今までは、村のことを口頭で説明するだけだったけど、
理想の村を描いた絵を見せながら、
説明すると、
今までとは、ガラリと反応が変わった!
これには、ビックリしたよ!

なんと、
応援してくれる方、アドバイスくれる方、
中には、この絵を写真に撮ってくれる方、
村づくりだったら、こんな人がいるよ!と教えてくれる方がいたり、
とても嬉しかった!


夢を叶えるには、絵に描くことは、大切だなと思った。
そんなに難しくはないよね。
それだけで、周りの反応がびっくりするほど変わるから、
何かやりたいことや、夢があるって方は、絵にしてみてね!是非!!!
めっちゃオススメ!!!


もし夢ややりたいことを絵にしたら、是非見てみたい。そのときを楽しみにしてる。


そして、
絵を見せながら、夢を語っていくと、
不思議と、
「岡山がいいよー!」
「岡山がええやん!」
「岡山がいいんじゃない!」
「岡山には、村づくりをしてる人いるから、紹介するよー!」
「岡山」「オカヤマ」「おかやま」「OKAYAMA」と、
多くの人に岡山がいいよー!
ってアドバイスをもらったんだよね。


なるほどー!
岡山って、もしかしたら、何かご縁があるんだろうなと思って、


しばらくすると、
ELEVEN VILLAGE に興味を持ってくださっている方が、
兵庫県から地元の岡山県高梁市に戻られて、
良かったら、高梁市においでよー!と声をかけてもらって、
何度か下見をして、
岡山に移住した。


そうしたら、感動の嵐だった!!!!!!
さぁ、これから人と人との繋がりを作っていこう!って思っていたら、
そこには、あったかい繋がりがもう既にあった!55



どういうことかというと、
洗濯物を干したまま外出し、突然雨が降ってきて,,,洗濯物もう一度洗濯しないと思って帰ってみると、
近所の方が軒下に洗濯物を入れてくれていたり、
自宅に帰ると、スーパーの袋いっぱいの野菜が玄関に置いてあったり、でも袋に名前なんか書いてないから、誰が持ってきてくれたか全く分からない,,,野菜のお裾分けがあったり、
妻が風邪を引いて、私も息子もご飯どうしようかと悩んでいると、近所の方が良かったら家にご飯食べにおいでと声かけてくれたり、
私が風邪を引いた時は、近所の友達が栄養ドリンクを買ってきてくれて、ポストの上に置いてくれたり、
なんてあったかいんだと思った。
そして、永年ずっと求めていたのは、これだと思って、感動した。
まだ、こんなあったかい地域が残っているんだと。


そして、四季を感じながら、生活できる。
四季を感じ、旬を味わえる

これは、本当に幸せ。
春、夏、秋、冬の季節の移り変わりを感じ、
また、その季節にしか、味わうことができないこと、食べることができないもの、豊かだなと思う。
例えば、
私は、春に咲く梅の花が大好きなんだけど、毎年とっても待ち遠しい。早く春が来いって思うよ。


そして、
次は、家族の時間が劇的に増えた。
13

というのも、
都会では、朝から、夕方まで仕事をして、帰り際にカフェへいって、夜遅く(21時-23時頃)に帰って、妻と一緒に夜ご飯を食べて、寝るのは、夜中1時過ぎとかは普通だったんだ。なので、実際には、家族と過ごす時間は、朝ご飯と夜ご飯からのまったりする時間。時間にすると、だいたい3時間〜5時間ぐらい。

田舎では、朝から夜まで、ほとんど家族と一緒。
まぁこれは、自営業だからってのもあるけど、
実際に仕事してるのは、朝から夕方まで。
家族とのゆっくりとした時間は、朝ご飯と夕方からの時間。時間にすると、6時間ほど。
妻と話したり、息子と遊んだり、ほんとう豊かな時間。

我が家は、テレビを置いてないから、なおさら、家族と過ごす時間は、濃いし、楽しい。
テレビが無い生活、もしくは、テレビのON/OFFにメリハリをつける生活、オススメ。



少し余談になるんだけど、
いま、田舎でも都会化してる地域が増えてきているから、とっても残念。
今、お金でなんでも買うことができる時代で、サービスも買える。
それはとっても良いことだと思う。
しかし、その反面、人との繋がりがなくとも生きていける時代とも言える。


ここでちょっと立ち止まって考えて欲しいのだけど、
幸せだなぁ、
豊かだなぁって感じるのって、どんなとき???


自分は、人と人との繋がり(と自然)だと思う。
家族との時間、友人との時間、同僚との時間、ご近所さんとの時間。
(素晴らしい夕日を見たとき、絶景の景色を見れたとき、満点の星空を見れたとき。)


欲しいモノを手に入れたときも、もちろん幸せを感じるけど、それって一時的なもので、また次が欲しい!と欲が膨らんできて、キリがない。それによって、成長できるって面もあるんだけど、これからは、モノから得る幸せではないと思う。


これからは、人口が減少し、少子高齢化がますます進み、市同士の合併もあるし、また今まで無料で受けることができていた公共サービスの有料化もあるって聞いていて、これから様々な問題が起こってくると思うんだけど、
そんな時に、必要となってくるのが、人と人との繋がりだと思う。
老若男女、みんなが困っていることがあれば、助け合う。
競争するのではなく、みんなで助け合って、生きていく。


そう、
「昔ながら村」
それがこれから豊かに生きていくための1つ解決方法だと思う。



ちょっと話はずれってしまったけど、
まとめると、
田舎暮らしは、最高でおすすめだよ。
そして、
これからの明るい未来も田舎暮らしにあると思う。

・人との繋がりの深さに感動!!!!!!
・四季を感じ、旬を味わえる
・家族との時間が増える
今日は書かなかったけど、
他にもたくさんの魅力がある。
好きなことに専念できる、不便の中にある幸せを感じれる、足るを知れる、、、etc


ただ1つ言えるのは、
みんながみんな田舎ぐらしが良いとは思ってはなくて、
人それぞれ幸せの形が違うと思うから、
都会の生活が合う人もいるし、
田舎の生活が合う人もいるし、
適材適所になったらいいなぁと思っている。


最近、テレビとかでよく移住者の話や、田舎暮らしについてや、地方創生についてなど、
番組としてやっていると聞くけど、
実際に移住者の生の話を聞くってのは、なかなか無いと思うから、
良かったら、
これからの生き方の参考にしてもらえたら、すごく嬉しい。


それじゃ、
今日は、ここまで。


P.S
FBのコメント欄をつけてみたんだ。
聞きたいことなどあれば、コメント欄にメッセージ待ってるよ。


今までの [ADVENTURE JOURNEY]
第1話:成功法則について
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック